派遣の経験値
00008

派遣で3年働いてきました。第二新卒枠に応募することはできますか

派遣で3年働いている場合も、第二新卒枠に応募することは可能ですが、新卒で応募するより第二新卒枠の募集の数は少なくなっています。
編集部

第二新卒枠への応募

第二新卒枠というのは、入社3年以内に退職した人を指します。社会人としての経験はあっても、まだ一人前ではないことからこのように呼ばれています。派遣で3年働いてきた場合も、第二新卒枠に応募することは可能です。ただ、新卒で応募するより第二新卒枠の募集の方が数は少ないようです。第二新卒枠にとらわれず、幅広く仕事を探すようにしてください。

第二新卒のメリット

第二新卒はよく新卒と比較されますが、社会人としての常識はすでに備わっていますから、新卒を一から育てるよりは教えやすいと言われています。また、前職の勤務期間が短いことから自分の働き方のスタイルがまだ定まっておらず、かえって育てやすいかもしれません。「前の仕事では、このようなやり方で教わりました」などと言われると、指導しにくいものです。

第二新卒のデメリット

第二新卒のデメリットとして考えられるのは、前職で働いていた期間が短いことから、「気にいらないことがあると、すぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまうことです。そう思われるのを防ぐには、前職の退職理由に納得できるものをあげることと、今度こそ安易に辞めたくないと決意を語っておくことでしょう。

派遣のアピールポイント

派遣をしていて第二新卒枠に応募する場合、通常の退職例とは事情が異なります。たとえば、就職を考えたときに派遣しか勤め口がなく、納得できる就職先が見つかるまで派遣登録をしていたようなケースであれば、退職理由を理解してもらえるのではないでしょうか。派遣で働く目的さえしっかりしていれば、マイナスイメージにはならないでしょう。

退職した理由

第二新卒の応募で問題とされるのは「退職理由」です。安易な理由で辞めていれば、面接官の心象が悪くなります。派遣では将来の目標が立たず、きちんとした働き方がしたいという点がアピールできれば、前向きに受け止めてもらえるはずです。真面目さと熱意を持って面接に挑みましょう。

派遣の働き方

派遣時の働き方も問題とされます。派遣先の企業でどのような仕事をしてきたのか、それがどんなスキルやモチベーションにつながったのかが説明できれば、派遣で働いてきたことにも意義があります。この逆で、ばくぜんと流されて仕事をしてきたようなケースであれば、働き方の問題として指摘されるおそれがあるかもしれません。派遣で働くことで得られたものをアピールしてください。

Return Top