派遣の経験値
00016

派遣の品格って実際どうなの!?派遣と正社員とのうまい付き合い方

派遣の品格は正直なところまだまだという印象が強いです。働く側は責任を持ち、正社員と同じ仕事をしっかりこなしましょう。
編集部

派遣の品格について

派遣という職業が多くなり、その立ち位置や品格について考えさせられることも多くなっています。実際に派遣という立場はまだまだ不安定であり、非正規雇用の代表格としても知られています。しかし、実際には、派遣を好きでやっている方もおり、その品格について常に問われています。派遣の品格はどのようになっているのでしょうか。

派遣の立ち位置

派遣社員というのは立ち位置が不安定です。ある企業によっては「派遣さんは良く働いてくれるし、助かっています」という企業もありますが、中には「派遣ができる仕事なんて限られているでしょ」と俯瞰した立ち位置で見てくる企業もあります。そういった企業とは極力付き合わない方が良いのですが、それでも現在は派遣の立ち位置がうまく定まっていないという事が多いので、苦労している派遣の方も多いです。

派遣自身の心構え

企業側が派遣のことを悪く思っている場合は、何かしらの理由があります。まだまだ派遣という仕事はアルバイト感覚で行う方も多く、責任を重視せずに働いている方も多いです。そうなってしまうと、仕事もあまり積極的に行わず、最低限の労働だけで済ませようと考えている方も多いです。派遣本人も働き方を今一度見直すことが必要です。

正社員との付き合い方

派遣とトラブルになることが多いのが正社員です。派遣同士の場合は意気投合することが多いですが、派遣と正社員となると、どうしても正社員側が俯瞰した目で派遣を見ることが多くなり、付き合い方も難しくなることが多いです。そういった場合は、まずはうまく付き合う方法を知り、実践していきましょう。

あいさつはしっかりと

本当に基礎的な部分なのですが、あいさつ等は非常に重要です。朝出勤したときにあいさつをするのは社会人のマナーですが、派遣の方の中にはあいさつがしっかりできていない方も多いです。そういった少しのマナー違反から派遣の品格が問われていきます。仕事をするという事は正社員となんらかわらないので、正社員のようにしっかりとあいさつを行いましょう。もちろん正社員の方があいさつができていない場合もあります。

飲み会などには極力参加

仕事の後にまで会社の人と一緒にいたくないという方も多いです。しかし、日本では一緒にお酒を飲むことによってコミュニケーションを取ろうとしてくれる正社員の方も多いです。会社では見られない、普段の人の良さが見えて来るので、極力参加してみることをお勧めします。

Return Top