派遣の経験値
00026
2016年10月28日

コミュ障とか言ってられない!?派遣先のメンバーとどう付き合う?

派遣先によって派遣社員に対するスタンスや業務の違いをご紹介
編集部

派遣社員とひとことで言ってもその環境は企業によってさまざまです。正社員も派遣社員もアルバイトも隔てない仲間意識で受け入れるような風土の企業もありますし、業務が明確に分かれており正社員と話をする時は、業務内容の質問をする場合だけだったり、面談があるときだけだったりして、人間関係として隔たりを感じてしまう風土の企業もあります。

どちらのスタンスが自分にあっているのか?

もちろん企業風土だけではなく、担当する部署にもよっても雰囲気は違います。同じ会社内でもメンバー同士が和気あいあいと働いているチームもありますが、ビジネスライクに黙々と働く部署もあります。どちらのスタンスで働きたいのかは皆さん各自のパーソナリティによるところかもしれません。
和気あいあいと働く部署の場合は業務内容や意見交換も正社員と同様に行われる環境ですし、社内行事や飲み会なども声がかかりますのでそのようなコミュニケーションが好きな方であれば抵抗無く馴染めることでしょう。逆に周囲の雑音を嫌い、黙々と与えられた業務に対して能力を発揮したいタイプの方はビジネスライクなスタンスのほうが馴染みやすいのかもしません。

正社員と派遣社員の温度差

ところで、正社員と派遣社員にはどうしても埋められない温度差のもとで仕事をしている点は認識しておいたほうがよいかもしれません。正社員は、会社の方針を受けて、それに対して目標を立て、達成するための動きをします。派遣社員は、派遣先企業が手伝って欲しい作業のみを遂行しますし、自身のスキルを向上させる点が軸になり、派遣先企業の売上や目標には直接関係が無いためです。
そのような点からどんなに部署内で仲良く仕事ができる環境だとしても、埋められない壁はあります。そこはお互いの立場の理解によって埋められると思いますので、派遣社員で働くのであれば正社員がどのような目標を持って働いているのか、興味を持ってあげて理解を示してあげることでスムーズな人間関係を築くことができるでしょう。

事前にエージェントに確認しておこう

派遣される企業や部署がどういうスタンスか、自分はどのようなスタンスで働きたいのかは派遣前に派遣会社のエージェントに相談しておいたほうがいいかもしれません。少なくともエージェントは派遣先の担当者と話をした上で、あなたのことを紹介しています。どんなにスキルが高くてもその環境が自分に合わないようであれば苦痛でしかありません。派遣先の情報をよく知っているエージェントに先に伝えておいて楽しい派遣ライフを送りましょう。

Return Top