派遣の経験値
pixta_3830269_M
2017年1月27日

派遣登録の際、事前にチェックされることを知っておくで失敗を防ぐ

派遣登録というのは、そう簡単に済ませれるものではない
編集部

派遣スタッフとして働くには、まず派遣会社に登録をすることから始めなければなりません。 派遣会社への登録というのは、基本的にメールや電話などで予約をすることになります。 まず答えから言いますと、このメールや電話での予約をする際の対応というのもかなり大事になってくるのです。 メールの文面や電話での対応は、社会人としてのマナーが如実に現われるものでもあります。 そのメールの文面や電話対応というものがしっかりと身についているのかということを、派遣会社の担当者は見ているのです。 後、メールやホームページで事前予約をするにしても、いきなり「行きます」と一方的に意思表示をする前に派遣会社の都合を聞いておくことも礼儀になります。 良かれと思ってやっているのかもしれませんが、中には絵文字などを使ってアピールしてくる人も中にはいるようです。 友達相手にメールを送るわけではありませんので、こういったことも絶対にやめておきましょう。

服装などの身だしなみのチェック

相手の第一印象を見極めるもの材料として、まずは「見た目」というものがあります。 当然、この登録に関しても「見た目」というものは十分にチェックをされています。 派遣会社側も「気軽にお越しください」などと言いますが、これは完全な建前であり、それを真に受けてカジュアルな格好で登録に来る人も中にはいるようです。 やはり、そこはきちんとしたリクルートスーツなどで行くなどをして、場をわきまえた常識のある人材と思われるようにしなければならないのです。 また、髪の毛も伸ばしっぱなしの不潔な感じではなく、きちんとした髪型で登録に行くことは最低限のマナーでもあるような気もします。

普段の立振舞いのチェック

派遣登録を担当しているコーディネーターというのは、一年間に何百人という人間を見ることになります。 ですので、相手の「人となり」というものを見抜くことに関しては人一倍の能力を兼ね備えてもいるのです。 いくら取り繕った型通りの挨拶や質問の応答には、普段の人となりというものが顕著に表れてもいるのです。 ちょっとした仕草や相手に不快感を与える癖なども決して見逃すこともありません。 とはいえ、これだけはどうすることもできませんので、立振舞いや変な癖の改善などを普段から心掛けるということしか方法はないようにも思えます。

Return Top