派遣の経験値
00040
2016年11月29日

派遣は第一印象が重要!運命の派遣初日に必ずやるべきこととは?

コミュニケーション法や身だしなみなど心がけ次第ですぐに職場に溶け込むことができます。
編集部

派遣スタッフにおいて派遣初日は非常に重要です。 すぐに即戦力として働くため、第一印象で好印象を与える必要があります。また、派遣初日に「こいつ仕事できないな」と思われてしまったら短い派遣期間中で挽回するのは困難でしょう。 今回は他の社員とのコミュニケーション法や身だしなみなど、派遣初日にやるべきことをご紹介したいと思います。

慣れるまでは余裕を持って行動する

まず重要なのは「焦らないこと」です。焦りは周りに「この人大丈夫かな?」と不安感を与えたり、ミスへ繋がります。初日はただでさえ緊張するため、時間に余裕を持って行動しましょう。余裕は自信につながります。自信を持つことができれば、円滑にコミュニケーションが取れ、相手からの信頼を得ることができるでしょう。

身だしなみで第一印象を決定付ける

第一印象に大きな影響を与えるのが身だしなみです。すぐに社内に溶け込むためにはどんな服装で行くかが重要だと思います。 ポイントは自分だけで考えないことです。真面目にスーツを着ていっても、ラフに私服で行ったとしても、その会社の雰囲気に合わなければ意味がありません。 せっかく派遣会社に登録しているのですから、服装を決める際には社内の実情を知っている派遣元に相談し、アドバイスをもらうのがベターです。 その他のポイントとしては以下の2点を心がけましょう。

清潔感があること

人は清潔感がある人に対して好印象を抱く傾向があります。髪型や爪などは丁寧に整え、口臭ケアなどは念入りに行っておきましょう。

主張し過ぎない

社内ではオシャレな格好をしたり、目立つ必要はありません。特に新人が主張しすぎた格好をすると、あまりいい印象を持たれないでしょう。初日は定番を抑えたあまり主張しない服装を選んだ方が無難だと思います。

次につながるコミュニケーションを取る

初日から社内に親友をつくる必要はありません。初日から急に距離を詰めるのはかえって逆効果だと思います。最初の頃は「自分を知ってもらうこと」「相手との共通項を見つけること」を意識するといいでしょう。

自分を知ってもらうこと

自分を知ってもらわないと人間関係はスタートしません。挨拶の際には名前はもちろん、自分の趣味などパーソナルな情報を伝えることで「〇〇が好きな△△くん」と覚えてもらいやすくなります。

相手との共通項を見つける

社内の人といちばん距離を縮める方法は共通の話題を見つけることです。コミュニケーションを取りながら相手の好きな音楽やスポーツ、趣味などから共通するものを見つけてみましょう。

会社のムードメーカーと仲良くなる

まず最初に誰と仲良くするか?これも重要です。初日に誰と話せばいいか分からなくなったら、会社でお調子者のムードメーカーと話してみましょう。 話しかけやすく、覚えてもらえればいろんな人を紹介してくれるパイプ役になってくれます。どの会社にも1人は居るので探してみるといいかもしれません。

Return Top