派遣の経験値
00028

フリーランスから派遣へ 安定した生活を求めて

派遣社員とフリーランスを比べてみると、労働者として派遣社員の方がさまざま面で保護されているため、派遣社員の方が生活が安定するでしょう。
編集部

フリーランスとは

雇用契約がない

フリーランスというのは、登録を個人事業主として行って、生活を登録した事業で行っている人です。雇用関係がないということがサラリーマンと非常に違っていることです。

仕事を自分で決定することが可能

仕事をいつからスタートしていつまでに終るかということを自分で決定することが可能です。また、自分で仕事はどのようなものをするか、どのような環境でするのかも決定することができます。そして、給与は、仕事を自分で選んで、自分で自分の収入を調整することが可能です。仕事を在宅で請けている場合、業務委託契約を企業と結んで技術サポートをしている場合など、その仕事の方法や収入もいろいろです。

派遣社員とフリーランスの違い


雇用関係が有るかどうか

派遣社員とフリーランスの違いの大きなものは、雇用関係が有るかどうかです。派遣社員の場合は雇用契約を事業主と結んでいるため、法律が適用になります。有給休暇の付与や労働時間の制限などがあります。また、雇用保険に入るため、一定の条件を満足していると、失業保険の給付を失業した際に受けることが可能です。これ以外に、社会保険に入ることによって、企業が年金や保険料の半額を負担してくれます。労働者として派遣社員の方がさまざま面で保護されています。

派遣社員の給与とフリーランスの収入の比較

派遣社員の給与とフリーランスの収入を比べた場合、フリーランスの方が収入が多くなる場合もあります。というのは、企業のように費用の負担が多くないので、収入が多くなることがあります。また、派遣社員の給与は、社会保険料や税金が引かれて支払われます。しかしながら、フリーランスの場合には、保険料や税金等は、必要経費を売上から引いて残った所得から計算されるため、派遣社員より手元に残るお金が経費の額によっては少なくなる場合があります。

仕事をする時間

派遣社員は、毎日企業で仕事をするのが原則です。フリーランスの場合には契約を企業と行うことによって、仕事を毎日している人もいます。しかしながら、ほとんどの場合は仕事を在宅で行っており、フリーランスで収入をサービスや商品等を提供することで得ているような場合には、日に1時間~2時間だけ仕事をするような場合もあります。 このようなことから派遣社員とフリーランスを比べてみると、派遣社員の方が生活が安定するのではないでしょうか。

Return Top