派遣の経験値
00027 (2)

派遣にするかアルバイトにするか。働く主婦が確認したい条件とは

派遣とアルバイトは、どちらも主婦にとってメリット・デメリットがあります。自分の働き方に合わせて決めていきましょう。
編集部

主婦が働く時

主婦の方は家庭を守るために、家にいることが多いですが、最近は夫の稼ぎが多くなく、共働きを選択する方が多くなっています。また、「働く女性が好き」という男性も増えており、近年はどちらの性別でも社会で活躍する人が多くなっています。しかし、主婦が働くとき「派遣にするか、アルバイトにするか」という悩みを持つ方も多いです。確認したい条件をまずは考えましょう。

労働時間について

主婦なので8時間きっちりと働くことは難しい方も多いです。子供がいる方は、日中だけ働いて夕方から夜はしっかりと家にいる方が望ましいですし、夫婦の場合でも家事を行う時間を作らなくてはなりません。働くときには労働時間を絶対条件として考えると良いです。自分が働ける時間をい計算して、その時間内で働ける職場を探しましょう。

仕事内容について

確認したい条件の中でも重要となるのが仕事内容についてです。仕事内容は、何でもよいという訳にもいかないので、自分が働いてみたい職場や働けそうな職場を探してみましょう。主婦の方が多い仕事としては、販売関連やサービス関連です。また、スーパーのレジなどのパートを選択する方も多くなっています。

派遣とアルバイト

働き方には派遣とアルバイトなどの雇用形態の違いがあります。実際にどちらにすれば良いのかというのは本人が決めることなので、一概には言えません。しかし、それぞれにメリットがあり、デメリットがあります。それらを良く理解して、自分だけの働き方を探してみましょう。

派遣のメリット・デメリット

派遣の場合は、登録制のものが多く、自分の裁量で働くことができます。派遣は一度職場が決まるとそのまま継続して働けますし、紹介された仕事がしたくない場合は、断ることもできます。主婦であれば、それらの柔軟な選択が必要となるので、派遣の柔軟さは便利です。デメリットとしては、中には労働時間が8時間きっちりあるものが多いという事です。もちろん4時間程度のものもあるので、それらを狙って応募すると良いです。

バイトのメリット・デメリット

バイトのメリットとしては、シフト制で一か月の予定が立てやすいことです。シフトを提出するときに休み希望などを入れることができるので、家族で出かけたいという時などには柔軟に対応できます。派遣の場合は、いつ仕事が忙しくなるかもわからないので、その点はバイトの方が良いです。デメリットとしては、あまり大きく稼ぐことができないという事です。

Return Top