派遣の経験値
00028
2016年12月20日

少しの工夫で時給は上がる?派遣における知られざる時給アップ術とは?

少しの工夫で派遣の時給アップは可能です!
編集部

派遣で働くみなさんは今の時給に満足していますか?派遣スタッフのなかには契約を結ぶ派遣会社のいいなりになってしまっていたり、安く働かされているケースも少なくありません。そんな人は契約をする際に少し交渉し、時給をアップさせてみましょう。 今回はそんな派遣における効果的な時給アップ術をご紹介したいと思います。

交渉する前に知っておきたい基本事項

時給を挙げる前に注意しておくべきことは以下の3点です。

1.交渉するのは派遣先ではなく、派遣会社

時給アップの交渉も契約を結ぶ派遣会社とやりとりする必要があります。派遣先に交渉してもトラブルになるだけですので、絶対に避けましょう。

2.交渉するのは評価されてから

何も評価されていないのに交渉するのはブラックリストに載る危険があります。派遣先で実績を積み、いざ契約更新をする際など自身が評価されたときに交渉すると成功できる可能性が高いです。

3.交渉するのは契約を結ぶとき

派遣期間中に時給を上げたいといっても逆効果です。時給をアップさせたいときは契約を更新する際に交渉してみましょう。

派遣における効果的な時給アップ術

ここからは具体的に時給をアップさせるテクニックをご紹介していきましょう。

派遣会社とコミュニケーションを取る

まずは派遣会社のエージェントとしっかりコミュニケーションを取ることから始めてみましょう。今後のキャリア計画や仕事について相談をしながら関係を築くことが時給アップへの近道です。その際に「〇〇の資格取ったんですけど、次回更新の際に50円時給上げてもらえないですかね?」といった具体的な話へ展開させられるかが時給アップへのカギとなります。

複数の派遣会社に登録して手札を多く持つ

派遣会社のいいなりにならずに、上手く交渉するためには複数の派遣会社に登録し、比較できるようにしておきましょう。派遣会社によっては同じ仕事でも時給が違うことはよくあります。まずはいろんな派遣会社から求人や情報を集めていき、契約更新の際に「他社から時給〇〇円で仕事を紹介されていまして…」と引き合いに出せたら、こっちのものです。人材が評価されていれば、それを失いたくない派遣会社は時給を上げたり、より良い条件の仕事を紹介してくれるでしょう。 交渉材料となる具体的で信憑性のある情報を集めておくと、契約の際、優位に立てると思います。

スキルを磨き、しっかりアピールする

人柄やコミュニケーション能力だけでは限界があります。時給アップに限らず、派遣で成功するためにはやはり常にスキルを磨いておく必要があるでしょう。 その際、講座に通ったり、資格取得などでスキルアップ重ねるだけでなく、それをしっかりアピールすることが時給アップ・キャリアアップへの近道です。目標を定め、達成するために自分をブランディングしていく必要があるでしょう。

Return Top