派遣の経験値
027ef62d9b9aa876cec6a9c3c2e6502b_s

日雇い派遣とパートの差 レギュラースタッフは日雇い派遣より偉いの

どのような違いが、日雇い派遣とレギュラースタッフなどのパートにはあるのでしょうか?最も大きな派遣とパートの違いは、雇用主が違っているということです。
編集部

どのような違いが日雇い派遣とパートにはあるか

どのような違いが、日雇い派遣とレギュラースタッフなどのパートにはあるのでしょうか?派遣という仕事の方法とパートという仕事の方法ではいろいろな点で違っていますが、派遣でもパートでも時給制が同じという場合が多くあり、違いがはっきりと分からないことも多いでしょう。

最も大きな派遣とパートの違いは雇用主が違っていること

最も大きな派遣とパートの違いは、雇用主が違っているということです。パートの場合は正社員と同じように直接雇用契約を仕事をする会社と結びます。一方、派遣の場合は雇用契約を派遣会社と結んで、実際に仕事をする派遣先の会社とは雇用契約を直接的には結びません。そのため、パートや正社員の場合は直接雇用になりますが、派遣のこのようなものは間接雇用と言われています。パートの場合は給料も直接仕事をしている会社から支払われますが、派遣の場合は派遣会社から給料は支払われます。

パートの場合でも解雇はそれほど容易ではない

これは案外と知られていませんが、法律的な見方からすると、正社員と同じようにパートの場合でも、会社自身の都合によって解雇するのはそれほど容易なことではありません。 手続きについては、解雇することを事前に予告することなどがもちろん必要になってきますが、正社員と同じように解雇する理由についても相応のものがなければ、パートと言っても会社はそれほど容易に解雇するのはできません。

派遣の場合は有期雇用である

しかし、派遣の場合は、有期雇用という契約期間がついたものであるため、契約期間が終った時に更新する手続きをしないと、会社はその派遣社員をその段階で雇う義務が無くなります。正確には雇用期間が終わることは解雇ということではありませんが、仕事をしている派遣社員から見れば、その会社でその日から仕事をすることが不可能になるということにおいては同じです。そのため、雇用が安定しているという見方からすれば、派遣の方がパートよりは安定しているということはそれほど正確ではありません。

契約更新がない恐れがある

もちろん、派遣の場合でも会社は契約している期間中に解雇するのは容易にはできません。しかしながら、パートとは異なって有期雇用という契約期間がついたものであり、いつでも契約更新がないという恐れがあるということはしっかりと認識しておくことが必要でしょう。

Return Top