派遣の経験値
00022
2014年12月1日

SEといってもいろんな種類がある!あなたはどのSEのお仕事がしたい?

システムエンジニアには様々な種類があるので、それぞれの適性を活かして働く必要があります。自分に合ったエンジニア職を見つけましょう。
編集部

システムエンジニアとして働く

パソコンやネットが普及したことによって、システムを構築する人たちの職業が増えています。もともとなかった職業ですが、パソコンは今や生活に欠かせないものの一部となり、現代社会を支える一つとなっています。その為、多くの方がこの職業を目指して働こうとしているのです。正社員でなくても、派遣で働くことができるのも魅力の一つです。

システムエンジニアの仕事

システムエンジニアは、簡単に言うとシステムの技術者のことです。システム構築やアプリケーション構築を行って、円滑にプロジェクトが進むようにする技術者のことであり、いわばパソコンの専門家の一人という事になります。パソコンが操作できる方であれば、こちらの道に進むことができる方も多いです。しかし、仕事は大変です。

システムエンジニアになるには

システムエンジニアになるには、専門的な言語の習得やパソコンスキル、システム構築に関する知識などが必要になります。それらの知識をしっかりと身に付けてエンジニアとして活躍しましょう。

エンジニアの種類

単にSE(システムエンジニア)とは言っても様々な種類があります。例えばアプリケーションエンジニアやプロジェクトマネージャー、システムアナリストやセキュリティエンジニアなどがあります。これらの仕事は細分化されているわけではなく、同系統の職業として混合して仕事をしている人も多いです。それらの中から仕事を見つけて、自分で取り組む姿勢が重要となります。

アプリケーションエンジニアやセキュリティエンジニア

アプリケーションエンジニアと呼ばれる方やセキュリティエンジニアと呼ばれる方は、主にシステムを正常に機能させるために仕事を行っています。エラーが出ている部分を改善したり、修復したりすることが主に仕事となります。集中力と忍耐力が必要になる職種なので、根気強い方に向いています。向いていると思った方は、未経験でもチャレンジしてみる価値がありますよ。

システムアナリストとプロジェクトマネージャー

システムアナリストは会社の経営全体を見たり、構築を行ってサポートする職種となります。創造的にその会社のシステムを評価し、安定した業務ができるようにすることが仕事です。プロジェクトマネージャーは各種エンジニアと連携して業務を遂行するマネージャー職種です。派遣でも実務経験があると出来ることが多いので、やってみる価値は十分にあります。

Return Top